<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 16日

猫の災難?(笑)

昨日スーパーで鯛のアラ、というか顔、というか頭が100円だったので早速購入。
ササッと洗って塩をかけて焼いてみた。

c0274664_1543531.jpg


これが、また、ことのほか美味しかった。
自画自賛になるけど、焼き加減が本当に絶妙で、我ながら驚いてしまった。
火が通り過ぎると、身が固くなってしまう。
さりとて火が通っていないと、刺身で食えない魚なので、不味い、いや、まずい。
全体に火が通り過ぎず、けれども生ではない。
この焼き加減を再現するのは、生涯無理かもしれない。

とにかく、眼肉がいい!
眼肉は咀嚼筋。
普段からよく動いてる筋肉だけあって、
ほっぺたの肉も目玉の周りの肉も、プリプリとした歯ごたえがたまらなく美味い。
目玉のジュルジュルも珍味。
カマもまた美味し。
鰭の付け根もよし。
酒の友に最適。
見つけたらまた買おうと思う。

ところで、猫の災難の眼肉はどうやって食べようとしたのだろうか?
やはり焼いて食べようとしたのか、それとも刺身で、か?
鯛の顔の固さからいって刺身は無理だと思うのだけれど…。

昨日の鯛の感じだと、焼きに1票!(笑)
[PR]

by e-higashi | 2015-05-16 15:59 | 日々の出来事
2015年 05月 09日

ホタテづくしの日

昨日は仕事で出かけた先のお店でホタテの半成貝が1キロ250円で売られていたので購入した。
半成貝というのは、売り物の基準にちょっと足りない小さな帆立貝のこと。
ホタテの半人前というところか?

c0274664_1763474.jpg


半人前でも生きているホタテですから、お刺身にして食べることにした。
1キロだと多いので、半分ぐらいを貝からはがして、お皿に盛り付ける。
とても生きのいい貝で、持ち上げるとカチッと硬く貝を閉じる。
その勢いがいいので、下手に指を挟まれると食いちぎられるかとちょっと不安になるぐらい。

c0274664_1745942.jpg


やはり生きてるのをお刺身で食すと非常においしいのだ。
日本酒が大変に進んで困った。

刺身だけでは厭きるので、残りの半分のそのまた半分をバター焼きにした。

c0274664_1752534.jpg


これまととてもおいしかった。
やはり酒が進んで困った。

どうせなら残ってるやつもやっつけようと、ホタテの酒蒸しを作ってみた。

c0274664_1754954.jpg


これがまたまたおいしくて、やっぱり酒が進んで困ってしまった。
結局1キロのホタテをぺろりと平らげてしまったことになる。

ちょっとホタテの食べすぎで、ホタテがこわくなりそう(笑)
でも、また見つけたら買ってこよう! と思った。

ご馳走様でした。(^-^)
[PR]

by e-higashi | 2015-05-09 17:08 | 日々の出来事
2015年 05月 06日

さっぱりわかんない…

XPのサポートが終わった途端に、パソコンの調子が悪くなり
ネットがやたら重くてつながりにくいし、
新しいサービスを申し込んでも受け付けてもらえなかったり、
大手企業の陰謀が見え隠れするような状態だったけど
ずーっと我慢しながら使い続けてきたのですが、今日で我慢の限界に達したので
意を決して家電量販店に行ってきました。

パソコンも安いのはものすごい値段で売られていることをはじめて知りました。
そこで、5万円ぐらいのものを良く考えもせず即決で購入。
よく考えたら3万円ぐらいのでも良かったかも、と即後悔。
でもアプリの内容が充実してるからと、自分に納得させつつ帰宅。
いま新しいパソコンと格闘中である。

Windows8らしいのだけど操作方法がさっぱりわからない。
理解するのに少々時間がかかりそう(涙)
[PR]

by e-higashi | 2015-05-06 15:56 | 日々の出来事
2015年 05月 03日

お花見と弘前城

昨日は劇団のお花見でした。
お花見とはいえ、弘前公園の染井吉野は散ってしまってて、お花見にはならないのでした。
でも、花より団子ということで、
晴天で気持ちのいい陽気の中、昼から杯を傾けていたわけです。
この時期にしては珍しく暖かい一日で、上着を羽織ることなく、快適に過ごすことができました。

この日のもうひとつの楽しみは、弘前城。
100年に一度の大改修ということで、弘前城の石垣を修復するため、内堀の水を向いていて、
そこをを一般開放していたのですから、これを見ない手はありません。

c0274664_16113062.jpg


なにせ100年に一度のことですから、この次にするといったら百年後です。
確実にこの世の住人ではなくなっております。
しっかりとこの目に焼き付けておきたいと思ったのであります。

c0274664_1612415.jpg


かつて、このアングルから弘前城を見ることができたのは、城攻めの足軽か、水遁の術を使った忍者ぐらいでしょう。
彼らは命を懸けてこの景色を眺めていたに違いないのです。
それを命を懸けることなく、こういう珍しい眺めを楽しめるのですから、
戦のない時代に生まれたことのありがたさをしみじみと感じました。

ありがとうございました。
[PR]

by e-higashi | 2015-05-03 16:17 | 日々の出来事
2015年 05月 02日

カタクリの花

冬期間の雪のために閉鎖してた八甲田山越えのルートを走ってみた。

c0274664_945940.jpg


これが仕事でなければもっと楽しいドライブになってたはずなのが少々残念。
山間の道沿いに残雪が残り、下界の暑さとは無縁の涼しさがうれしい。
まだまだ春は遠いのかと思っていたら、道端でかたくりの群生を見付けた。

c0274664_9454148.jpg


高標高地にもようやく春がやってきたみたいで、
残雪の上を吹き渡る風がなんだか少し暖かく感じられたのでした。
[PR]

by e-higashi | 2015-05-02 09:46 | 日々の出来事