<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 17日

尻に火が…

池田の大会までおおよそあと一ヶ月。
出場が決定した皆さんは稽古に余念がないことかと思います。
私はというと相変わらず余裕がない日々を暮らしております。
ネタを繰る余裕すらありません。
さらにネタを急なことなので適当に『夢の酒』で出したことを早くも後悔しております。
10分切れる確証もなく、稽古もできず、どうなってしまうのでしょうか?
我がことながら他人事のようで、不安の鎌首すらもたげてきていません。
こんなことではとても池田に行けないのではないかと、そっちの方が不安になります。

ともかくネタを作ることから手を付けたいと思っております。
って、こんなことでいいんでしょうか?
[PR]

by e-higashi | 2013-09-17 07:57 | 落語
2013年 09月 05日

備忘録

週末、福島に行ってきました。
こちらも久方ぶりの福島でした。

第15回・らくごのくに 「日が志、とんぼ、いさん 三人会」
8月31日(土)午後1時30分開演
会場/AOZ 和室

酒飲亭いさん 「酢豆腐」
圓丁亭日が志 「夢の酒」
裁落亭とんぼ 「家見舞」
しお家小笑  「漫談」
圓丁亭日が志 「紺屋高尾(10分)」

三人会なのに4人?
これがいいんです!
お客さんの入りはほぼ満席の30人ちょっと。
男女半々ぐらい。
いい雰囲気で、女性が多いからよく笑ってくださる。
私以外は…(笑)
笑いを取るには不向きな噺のチョイスだったし…。
まあ、近頃は無理に笑いを取りに行かないにしてますから。
これ、負け惜しみじゃないです。
寄席っていろんな噺があっていいし、
皆がみんな笑いを取りにいったら、バランスが悪くなって、
かえって笑いが取れなかったりするものですから、無理は禁物です。

いさんさん『酢豆腐』
ドッカンドッカンの大受けでした。
酢豆腐ってこんなに面白い噺だったっけ?と思うぐらい。
とにかく楽しい落語でした。
とんぼさん『家見舞』=『肥瓶』
これも鉄板でよく受けていました。
たぶんとんぼさんのいい表情で演じていたんだと思います。
この二つとも楽屋で聞いてました。
客席で見たかったなあ。
この合間に『夢の酒』ですから、受けないのも当たり前です。
小笑さん
時間配分のお気遣いまでいただいて、恐縮するばかりです。
気遣いの人なのに、講座に上がると、まるで別人。
飄々とした調子で繰り出すネタの数々。
本当にすごいです!
まるで近所のおじさんが子供たちを集めて縁側で話しているみたいな自然な感じ。
まるで志ん生師匠みたい。
こういう風に演じたいと思います。
まあ、無理ですけど(笑)

本当に久しぶりの落語で、楽しかったし、いい勉強になりました。
福島の皆さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。
[PR]

by e-higashi | 2013-09-05 20:41 | 落語