日々これ精進

ehigashi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:落語( 38 )


2014年 09月 27日

備忘録

先週のこと。
知り合いの床屋さんが、店でティーパーティをするので、持ち時間が30~40分ぐらいで落語をやってくれないかとお願いされて、行ってきた。
ティーパーティってどんな感じなのかわからなくて、ちょっと不安を感じながらも、開始1時間ぐらい前に会場入り。
会場といっても普通の床屋さん。
もうお客さんが4~5人来ていて、聞くと、これでお客さんのほぼ全員らしい。
ということは、床屋さんの関係者も入れて全部で10人ぐらい。
流れや雰囲気がよくつかめなくて、噺のチョイスに迷っていると、
若くてきれいな吉高由里子似の美人が紅茶を淹れてくれると紹介された。
なんでも、紅茶ソムリエみたいな資格の講座を受講していて、最後の課題がティーパーティを開いて撮った写真と一緒にレポートを提出することなんだそうだ。
やたら紅茶に詳しくて、紅茶に関する薀蓄やこだわりがすごくて(…当たり前か?)
ロイヤルミルクティは和製英語で、本当はインディアンミルクティというらしい。(違っていたらごめんなさい。)
ミルクは先に注いでおかないと熱変性で味が悪くなるとか、茶葉によって淹れ方が違うとか。
身を入れて聞いていると、落語のことを忘れそうなので、
とりあえずメニューの最初にある、レモンミルクティ(アイス)を頼んだ。
飲んでみると確かに美味しい。
こだわりは伊達ではなかった。
美味しい紅茶とケーキでまったりと1時間ほど過ごしてから、落語に。
お客さんは、当初予想通り10人ぐらい。
知り合いの店主以外は全員女性。
みんな落語を聴くのは初めてとのこと。
池田の話をマクラに振って様子を見ながら、「親の顔」。
マクラが長めだったので、40分ぐらいかかってしまい、1席で終了かと思ってたら、古典落語も聞きたいってことで、10分の休憩をはさんでもう1席となった。
その間にインディアンミルクティをホットをいただいた。
これがものすごく美味い!

2席目は「夢の酒」。
久し振りなので、ところどころ忘れて噺がアチコチになっても、無理せず、ゆっくり軌道修正したりで
40分ぐらいかかってしまった。
女性がほとんどなので、よく笑うし、噺に食い付くし、会場の雰囲気が実にいい。
とてもやりやすい高座だった。

未来の紅茶ソムリエから、この次のティーパーティでまた落語をして欲しいとのオファーがあり、
お客さんの土屋アンナ似の美人(この日は美人がやたらと多かった。笑)に、迫力があって引き込まれたので、
この次は、泣ける噺と怖い噺が聴きたいと言われた。
泣ける噺は『紺屋高尾』があるけど、怖い噺は持ってない。
いい機会だから、『牡丹灯篭』でも練習しようかな!
[PR]

by e-higashi | 2014-09-27 21:07 | 落語
2014年 09月 24日

キャンプにて。

c0274664_0221917.jpg


今年のキャンプも終わってしまいましたぁ。

やはり、今年もものすごく楽しかった!!
何も考えずに、ただのんびりと、飲んだくれてゴロゴロ過ごす、これがこんなに楽しいなんて初めて知ったような気がします。
岩魚のコツ酒と黒糖焼酎漬けの毎日。
退屈するとマージャン。
賭けてないから罪がないマージャンで、これまた気楽に楽しめる。
全てが楽しめる方向にベクトルが向いている。
料理は専門の人が作ってくれる。
しかし何もしないわけではなく、それぞれにちゃんと役割はある。
つまり自分の存在価値を認められている、それがなによりもうれしい。

たとえ、その役割りというのが、水割り用の水の補充だけであろうと…(笑)

私にはもうひとつ他に大事な役割りがあった。
キャンプ中に落語会をすること。
ただしここ数年実現したためしがない。
その時間帯は、いつも飲み疲れてつぶれているから。

来年からは改めなくてはと思っても、いつも楽な方に流されてしまう。
それが私らしくていいと言ってはもらえているものの、来年こそはちゃんと落語会をしたいと思う。
来年は今年より一日長い5泊6日の予定。
落語会は3日間、6演目になりそう。
どなたか来年の今頃、落語会の手伝いに来ていただけないものでしょうか?
[PR]

by e-higashi | 2014-09-24 00:22 | 落語
2014年 09月 14日

昨日の落語

ねぶた以来、1ヶ月半ぶり。
演目は『時そば』
マクラで江戸時代の時の数え方をたっぷりと振ってから本題に。
やはり、間が空くとダメになるものです。
噺をスムーズに運べない。
噺をこっちへ持っていこうと思っても、そのきっかけのセリフが出てこなくて、
回り道をしてしまうことがたびたび。
やたらと時間がかかってまどろっこしい。
そんな展開にもかかわらずに、お客さんにはずいぶんと助けていただきました。
絵本の読み聞かせと音楽の間に挟まって落語なので、
お客さんは親子連れが多くて、お客さんの半分が小っちゃい子供たち。
子供に落語は難しいかなとも思ったのですが、意外にもおとなしく最後まで耳を傾けてくれていました。
要所要所ではちゃんと笑いも返ってくるし、とてもやりやすい高座でした。

落語の後の音楽。
音楽といってもジャンベ。
アフリカの太鼓です。
太鼓を打ちながら、現地の歌を観客と一緒になって歌うという、手法は単純ですが、これがすばらしかった。
観客と一体になり開場全体が一つになって、大盛り上がりでした。
音楽が持つ力のすごさをあらためて感じました。
あぁ、音楽っていいな。
なにか楽器を覚えようかな?と思った一日でした。

c0274664_2243159.jpg

[PR]

by e-higashi | 2014-09-14 22:09 | 落語
2014年 09月 13日

今日

これから、八甲田丸で『時そば』やってきます。
八甲田丸って元の青函連絡船でいまは岸壁に繋がれて展示館みたいになってる船。
時々イベントなんかやってて、今日の落語もそのイベントの一部なんだそうだ。

今の時季に『時そば』って合わない気がしないでもないんですけど…
青森だからぎりぎりセーフってことで(笑)
[PR]

by e-higashi | 2014-09-13 09:57 | 落語
2014年 09月 10日

困ったぞぉ…Part2

中トリということで落ち着きました。
重厚感を醸し出す戦略を選択する…?

無理!!(笑)

トリといったところで、普段の落語会とは違い、大会である。
審査員がいて、優劣を決める会なのだ。
審査員はプロの噺家であり、
巧拙取り混ぜた素人の落語を聞かされるのは難行苦行のはず。
となれば、中トリというのは、その苦しみを2時間以上味わった後に出番がやってくるというわけ。

とすれば、辟易してる審査員を前で演じなければならない。
とすれば、普通にやったのでは、ポイントが高かろうはずがない。
とすれば、演ずる技術を高めるか、笑いの要素をふんだんに盛り込まなければならない。
とすれば、私にはできないので、高得点獲得をあきらめるしかない。

結論。
池田観光を楽しむ!

ま、それでもいっか(^-^)v
[PR]

by e-higashi | 2014-09-10 19:16 | 落語
2014年 09月 09日

困ったぞぉ…

池田の詳細が決まったらしい。
調べてみると、私はコミュニティセンター。
最近ここでばかりしているような気がするが、気のせいだろうか?
出番は15番目。
コミュニティセンター出演者は全部で29人。
15番はどまんなかなのだ。
問題は中入りである。
中入りを私の前に入れるのか後に入れるのかで、えらい違いがあるではないか。

中トリか、食いつきか。
これってずいぶんな違いだ。

中であれなんであれ、トリともなればそれなりだし。
食いつきとなると、やはり、それなりだし…。

それなりってなんだ?

ともかく、戦略を練らなくてはならない。
中トリであれば、重厚感のある語りで、聴衆をうならせ、
食いつきであれば、巧みな話術で、聴衆の興味をひきつけるようにしなくてはなるまい。
これはなんとも悩ましい事態だ。

でも、まあ、悩むこともないか。
そんなことよりまったく稽古してないことの方が問題かも(笑)
[PR]

by e-higashi | 2014-09-09 18:25 | 落語
2014年 08月 13日

今年のねぶた寄席

遅ればせながら、今年のねぶた寄席のご報告を。
もう1週間以上経ってしまってからの書き込みなんて、
いらないんじゃないかと思わないでもないのですが、
備忘録として残しておきます。

8月2日(土)青森市中央市民センター寿集会室(1階和室)
日が志 開口一番
ばじる 「うなぎ屋」
とんぼ 「たがや(川端誠バージョン)」
日が志 「越路吹雪物語」
日が志 「親の顔」(アンコール)

8月3日(日)輻竹整骨院
日が志 開口一番
ばじる 「きりん」(つる変形バージョン)
とんぼ 「幽霊の辻」
葉桜  「お菊の皿」
日が志 「越路吹雪物語」

皆さん毎年ご参加いただきありがとうございます。
今年もおかげさまで無事に終わることが出来ました。
特に、2日のお客様が20名と会が始まって以来の人数でした。
20人で喜んでいる辺りがまだまだなのですが…。
集客の難しさをヒシヒシと感じております。
来年もまた、集客に一層力を入れたいと思います。

さて、落語の方はというと、
ばじるさん、
この方はお会いするたびに上手くなっています。
私ごときが言うのはおこがましいのですが…
皆さんそうなんですが、ばじるさんも、演じることを楽しんでいらっしゃいます。
これが伝わってくるんですね。
だから、お客さんも乗せられてくるんです。
だから、上手いと思わせるんです。
私は体調不良もあり、心底楽しんではいませんでした。
というより、ここ数年、心から落語を演じることを楽しんでいただろうかと、
自分に問いかけてみると、いい答えが返ってこないような気がします。
今後は心を入れ替えて、落語を演じることを楽しむように心がけます。
そんな気付きを与えてくれた皆さんに感謝します。

…って、終わっちゃったジャン!

まだまだ、書くことがありますので、気を取り直して…

とんぼさん。
たがやといい、幽霊の辻といい、しっかりと、とんぼワールドを作ってるんですね。
構成がしっかりしてるから、落語の世界に浸ってられる。
演じる力があればこそのことだと思います。
体調も戻ってたみたいで、それが、本来の演技力を引き出していたようでした。
安心して見ていられました。

葉桜さん。
3日から合流で、輻竹整骨院での競演でした。
お菊の皿、さらに磨きがかかってました。

毎年参加いただきありがとうございます。
今年は特に、ご自分の予定を調整してまで駆けつけていただき、感謝しております。
お疲れのところ、無理にお付き合いいただきました。
なのに、ろくなお構いも出来ず申し訳ありませんでした。

私はというと、身の丈をわきまえない、無理な噺に挑戦し、無様な姿を晒しただけでした。
「分相応」という言葉を忘れてしまういつもの悪い癖が出ました。
その上、稽古不足でした。
とんぼさんには褒めていただきましたが、
直前まで台本を開いていること自体が、稽古不足の立派な証しで、
謙虚さの欠片もなく、身の程知らずで、落語に対して非常に失礼な態度でした。
おかげで、セリフは噛むし澱むし、さらに、声は出ないし、何をしに高座に上がったのか。

この次に向けて、「反省」の2文字を胸に刻みます。

皆さんにねぶたを楽しんでいただいたことが唯一の救いでしょうか。

お付き合いいただき本当にありがとうございました。
また、よろしくお願いします。
[PR]

by e-higashi | 2014-08-13 12:18 | 落語
2014年 08月 09日

なんとか

ようやく…

これで、皆さんとお会いできます。(泣)
今年もよろしくお願いします。

c0274664_154338.jpg

[PR]

by e-higashi | 2014-08-09 01:01 | 落語
2014年 08月 03日

ありがとうございました。

今年もどうやら無事に「ねぶた+落語会」を終えることができました。
参加してくださった皆さんのおかげです。
本当にありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。
[PR]

by e-higashi | 2014-08-03 23:39 | 落語
2014年 07月 03日

お知らせ

今年もやります!

8月2日土曜日

午後に落語会をやって、
夜はねぶた祭りに跳人で参加します。

宿泊も雑魚寝ならば用意できます。
過度な期待はしないでください。

よろしくご検討ください。

ではでは。
[PR]

by e-higashi | 2014-07-03 14:18 | 落語