2013年 08月 13日 ( 1 )


2013年 08月 13日

今夜は

本日は8月13日。
お盆の中日。
ご先祖様のお墓参りをする日。
ご先祖様へのご挨拶はお済みですか?

で、実は今日は七夕なのです。
旧暦の七夕、つまり、旧七夕なのです。
グレゴリオ暦の7月7日はたいていお天気は雨。
だから織姫と彦星の逢瀬が見れないとお怒りの向きもあるかもしれませんね。
旧暦の今日はお天気もまずまず上々。
さらに旧暦の方がズーッと七夕らしいのです。
なぜかというと、
天の川をはさんだ彦星と織姫の年に一度の逢瀬が七夕なのだが、なぜこの日が七夕でなくてはならないのかというと、
「七夕の日にこの二つの星が近づくから」などということはありえない話。
とすれば、なにか天文学的なイベントが発生しなければならないのです。
一年に一度必ずそんなに都合のいいイベントが七夕に発生するのか?
それがあるのです。
なにかというと…
月です。
織姫と彦星の二つの星の間の天の川に、三日月と半月の間の上弦の月が懸かるのです。
その月を天の川の渡し舟になぞらえて二人の逢瀬を想像したという訳です。
だから太陰暦の旧暦でなければ本当の七夕を楽しめないというわけなのです。
ということで、今夜は二人の逢瀬を愛でながら一献傾けようと思うわけです。

星に思いをはせながら…
[PR]

by e-higashi | 2013-08-13 18:38 | 日々の出来事