2015年 06月 04日

最近の落語への取り組み(笑)

備忘録として…

このところ十和田市在住の馬はなし亭呑助さのご一緒させていただいている。
呑助さんとの付き合いは、古い。
落語以外以外だと10年以上の付き合いになる。
落語意外となると、当然、芝居なのだ。
いまはふたりとも芝居の「し」の字もない。
言ってみれば落語一筋だ。
お互いちょっとうるさい。
けど、落語に対する希望もある。(少しだけ…)

最近の活動を
3月13日(金) 十和田交流プラザ 『紺屋高尾』『時そば』

初めて十和田で、久しぶりの落語でちょっと緊張気味でした。
呑助さんとも久しぶりに競演。
今と和田を中心にガンガン落語会を打ってるので、競演して欲しいと言われて、
その気になってしまった(笑)
お客さんは少なくアットホームな雰囲気で、やりやすかったのが第一印象。
でも自分の落語はただ粗末なだけだったのが残念(涙)
打ち上げは、呑助さんお家で、これが一番楽しかった!

3月21日(土) 馬噺亭(酒の久) 『お血脈』

呑助さんの自宅を改装して寄席に仕立てた場所で落語会。
相変わらず雑な落語しかできなかった(反省)
競演の幸助亭ぎん鉄さんは、良かったといってくれたのが、せめてもの救い(^-^)

5月23日(土) 十和田交流プラザ 『夢の酒』『芝浜(10分)』

この会場はお客さんの数が読めない。
近くでイベントがないと20人近く来るけどイベントがあると全く来ないこともあるらしい。
ちなみにこの日は近くの学校で運動会らしい。
そのせいか客足は伸びず仕舞い。
勉強会でもいいかなあ、と思っていたらお一人様ご来場。
開演を30分遅らせて、お客さん二人のところで高座へ。
『夢の酒』
いままで雑な感じだったので、とにかく丁寧に演じることだけを心がけた。
まあまあのできだった。
呑助さん、ぎん鉄さんと一回りしたところで、時間があるのでもう少しやってくれと言われ
札幌向けの『芝浜10分版』を試してみた。
賞味12分。
まだまだ刈り込む必要がありそうだけど、全体としてはまずまずの出来。
これで札幌に行けそう(嬉)


5月29日(金) バーミモザ 『禁酒番屋』

青森市内のスナックでの落語会。
十和田の呑助さんのネットワークに驚かされる。
と思ったら、仕掛け人はぎん鉄さんらしい。
ともかく、地元で落語が出来るのは嬉しい。
第一に楽ができる(^-^)v
尺が長めでいいというので『禁酒番屋』
賢い子供のマクラをたっぷり振って、普通なら雛鍔か初天神にいくところを禁酒番屋。
端折りなしでマクラと合わせて35分。
噺を削らずに語ったのは本当に久しぶり。
長く語るのも悪くないなと感じた。
これからは本寸法も心がけようと思いました。(笑)
[PR]

by e-higashi | 2015-06-04 07:50 | 落語


<< 北海道チャリティ落語会      環水平アーク >>