日々これ精進

ehigashi.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 16日

猫の災難?(笑)

昨日スーパーで鯛のアラ、というか顔、というか頭が100円だったので早速購入。
ササッと洗って塩をかけて焼いてみた。

c0274664_1543531.jpg


これが、また、ことのほか美味しかった。
自画自賛になるけど、焼き加減が本当に絶妙で、我ながら驚いてしまった。
火が通り過ぎると、身が固くなってしまう。
さりとて火が通っていないと、刺身で食えない魚なので、不味い、いや、まずい。
全体に火が通り過ぎず、けれども生ではない。
この焼き加減を再現するのは、生涯無理かもしれない。

とにかく、眼肉がいい!
眼肉は咀嚼筋。
普段からよく動いてる筋肉だけあって、
ほっぺたの肉も目玉の周りの肉も、プリプリとした歯ごたえがたまらなく美味い。
目玉のジュルジュルも珍味。
カマもまた美味し。
鰭の付け根もよし。
酒の友に最適。
見つけたらまた買おうと思う。

ところで、猫の災難の眼肉はどうやって食べようとしたのだろうか?
やはり焼いて食べようとしたのか、それとも刺身で、か?
鯛の顔の固さからいって刺身は無理だと思うのだけれど…。

昨日の鯛の感じだと、焼きに1票!(笑)
[PR]

by e-higashi | 2015-05-16 15:59 | 日々の出来事


<< 環水平アーク      ホタテづくしの日 >>