日々これ精進

ehigashi.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 27日

雨にも負けず

宮澤賢治の『雨ニモマケズ』の中の一節に「サムサノナツハオロオロアルキ」というのがある。
この『寒さの夏』ってなんだろう?
『冷夏』『降霜』等諸説あるようだが、中には『真夏の降雪』と唱える人もいるとか。
昔はそんなこと絶対にありえないと思っていたものだが、
先日、東京に雹が降ったなんてニュースを聞くと、あながちありえなくもないかと思えてくる。
それが、東京ではなく岩手だとすればなおさらだ。
とすれば、昨今の異常気象と呼ばれているものは、異常でもなんでもなく、
単に気象状況が昔に戻っているだけなのかも知れない。
なんてことを思ったりしている。

馬鹿な考えですかね?(笑)
[PR]

by e-higashi | 2014-06-27 16:27 | 日々の出来事


<< 筋トレと発熱の間で      近頃 >>