日々これ精進

ehigashi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 21日

第2回社会人落語広島チャリティー寄席(感想を)

今回の広島の落語会の感想などを備忘録として残しておきます。
えらそうな表現もありますが、ご容赦ください。

わいんさん『ペットの掟』
開口一番で場を暖めていただきました。
地元だけあってわいんさんの固定ファンのお客さんが盛り上がっていました。
また、わいんさんの人脈で、ものすごい集客力に驚かされました。
見習わなくてはいけません。
この次のねぶたでは50人は集めたいですね。
さて、落語の方ですが、わいんさんのどを痛めていて声が思うように出ない。
噺の中身より、そっちが気になって、わいんさんがなんだか可哀想でまともに聴けなかったです。
申し訳ありません。
わいんさんの体調がいい時にあらためて聞きたいです。
よろしくお願いします。

かかしさんの『延陽伯』とぷかりちゃんの『熊の皮』は聴けませんでした。
ネタ繰りをしていました。
なにしろ落語をするのは、数ヶ月ぶりですから。
復習っておかないと、不安でたまりませんでした。

ばじるさん『鈴が森』
次の出番ですから、袖で聴いてました。
驚きました!
去年のねぶたの時に聴いたのとは、まったく別物でした。
別物というより、ものすごく上手くなっていました。
私が言うのはおこがましいのですが…。
間といい、声音の変え方といい、ものすごい進歩です。
私が言うとおこがましい限りです、すいません。
袖で聴いてて、面白くてついつい笑ってしまいました。
ばじるさん、恐るべし、でした。

私のは置いておいて。

踊りからサプライズ。
いい流れとはいえませんが、この雰囲気は大好きです。
手作り感満載で、一生懸命さが前面に出ていて、よかったです。
泣きそうになりました。

中入り後、笑らくさん『真夜中のキッチン』
いつも通り安心して見ていました。
ところが途中から、微妙に落ち着かない様子になって、違和感を感じました。
笑らくさんらしくないなと、思っていたら、そんな訳だったんですね。
場数が豊富な笑らくさんでも、あんなになるんですね。
ちょっと安心しました。

ゆ乃月さん『平林』
とにかく楽しい高座でした。
ゆ乃月さんらしい、かわいらしさ満点の落語でした。
途中のノロがツボでした。

猿之助さん『鬼の面』
文句のつけようがない高座です。
上手くて面白くて、反則のような落語でした。
あんな風にできたら、きっと楽しいんだろうなって思いました。
あやかりたいものです。
ぷかりちゃんとお幸せに。

小夏さん『替り目』
小夏節炸裂!!
相変わらずうまいです。
袖で緊張してたのが嘘のようです。
でもあの日の緊張度は私の方が上でした!!

三ん生さん『六尺棒』
上手さと面白さでは追従を許さない。
独特の空間を創出する三ん生ワールド全開という感じの楽しい高座でした。
マクラも、こう来るだろうなという予想はついてても、ついつい笑わされてしまいました。
うまい!!
c0274664_20382658.jpg

[PR]

by e-higashi | 2013-02-21 20:37 | 落語


<< 明けない夜はない      第2回社会人落語広島チャリティー寄席 >>